• 小宮山

箸は世界の人と“共通の話題”がつくれる道具だ!!②

最終更新: 10月2日

「共通の話題」なら話がはずむ

10年前ぐらいのことだったろうか。勉強会仲間でマーケティングコンサルタントの大谷隆行さんが、明治生命のトップセールスマンだった坂本さんの講演を聞き、しきりに感心していた。


「共通の話題か!!」「共通の話題」「共通の話題」と何度も。

私もそれ以来、「共通の話題」というキーワードに興味を持ち始めた。

近所の人との挨拶は「今日は寒いですね」。飲み屋では「今朝、地震がありましたね」。


だから会社の営業には「共通の話題から話せ」、行事の時の幹事には「出席者の共通の話題を中心にするんだぞ」と話すようになった。

夫婦も親子も共通の話題がなければガタガタになる。


日本人は桜の季節になると嬉しくなるが、これは共通の話題から話がはずんでいくからだと思う。その点「下駄」は共通の話題にならなかった。

しかし、箸の話は世界の人々と共通の話題になるのだ。(③につづく)#箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.