• 小宮山

「箸ピー」と「箸りんぴっく」の夢⑥

最終更新: 10月2日

誰でも「参加することに意義がある」箸りんぴっくの夢

 オリンピックは動物が生きるか死ぬかの戦いから生まれたものかもしれない。こんな考えをしてみるのはどうだろう。

 人間はモノという道具がなくては生きていけない。人間とはモノづくりをする手の動物であると思う。箸の場合は5本の指が協力し、たった2本の棒を動かすことによりくちばしと同じような道具となる。くちばしから学びながら、これをゲーム化できないか?箸ピーのほかに今「引裂き力や挟み力などを競うゲーム」も考えている。(了)#箸雑記


※本稿は’09年11月に書かれたものです 


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.