• 小宮山

「箸ピースナック」物語③

最終更新: 10月2日

カラオケスナックから箸ピースナックへ

私はカラオケが苦手である。人前で歌えない。


昔、行きつけのスナックで大企業の役員をしていた人に説教されたことがあった。

「おい。人が歌ったら拍手ぐらいするもんだ」と。 その時、かなり嫌な顔をしていたかもしれない。歌う側にとっては楽しいかもしれないが、聴く側にとっては私のように辛い人もいる。


スナックの看板には「カラオケスナック」「カラオケのない店」とカラオケについて何も書いていない店がある。後者に入ってしまい、カラオケが始まってしまった時、いかに嫌な顔を見せないようにするか大変である。


箸ピーの場合はカラオケと違い、静かで、人に強制することもなく、2~3分で終わる。他の客への迷惑は考えられない。見ているだけでも、人それぞれ。「動きのスピードの変化」「ミス」そして「終わった後のひとこと」など観察することができる。


箸ピーが各地で行われるようになり「箸ピースナック」の看板を見かけるようになるのが私の夢である。(④に続く) #箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.