• 小宮山

「手長箸」の開発物語①

アイデアと試作、ネーミング、用途開発……「手長箸」に実はなるか?

商品開発の楽しさを知って40年になる。

商品開発は「アイデアと試作」の繰り返し。そして「耐久性・量産のしくみづくり」「ネーミング」「だれがどう使い喜んでくれるか?」「売れるだろうか、ただであげた方が良だろうか?」などを考えていく。


自分ひとりで考えるのには限界がある。他人に話して、アイデアをもらうのも大事だ。

やっていると、いろんな失敗があるし、想定外のことが起こる。これは植物を育てる楽しみに似ている。アイデアの種を蒔き、これを育て、リンゴやみかんなどの実がうまくなれば、毎年お金が入ったり、人にあげて喜ばれたりするのである。


「手長箸」のアイデアを思いついたのは、国際箸学会設立(2006年)の少し前のことだ。

種を蒔いてから10年。途中、放っておいた時期もあったが、長きにわたり水をやり、育ててきた。はたしてうまく実がなったかどうか、物語におつきあい願いたい。(②に続く) #箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.