• 小宮山

「手長箸」の開発物語⑤

手長箸のお陰で脚立を使わず長靴が取れた!

開発には技術開発と用途開発があるが、手長箸で大変だったのは用途開発のほうだ。


「車いすの人に使ってもらえないか?」「病院で役立たないか?」「家で高いところのものを取るのに使っては?」などいろいろ考えたが、どれも必需品とはならなかった。


ところで、私は毎朝4時に起きて散歩する習慣がある。

ある日、起きてみたら雪が積もっていた。長靴が必要だ。長靴は、普段は使わないので玄関の高いところにある。脚立を使わなくては届かない。ところが脚立がない。かみさんを起こそうと思った。しかし待てよ、とひらめいた。手長箸でとれるかもしれぬ。手長箸を2階にとりに行った。手長箸を使ったら長靴が簡単にとれ、無事、長靴を履いて散歩することができた。

そしてひらめいた。手長箸は玄関に靴ベラと一緒にぶら下げればいいのだ。玄関は家と外とをつなぐ位置にある。手長箸は家で使うかもしれないし、外で使ってもよい。(⑥に続く)#箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.