• 小宮山

「箸ピースナック」物語②

最終更新: 10月2日

なぜ、女性の方が強い?

このスナックの忘年会が先月の12月14日「江南春」という料理屋で行われた。箸ピーもやると聞いていたので国際箸学会の三浦さんも出席し、箸ピーの司会をしてくれた。参加者は35人ほどで5グループに分かれ、個人戦と団体戦を約30分ほど行った。トップは107、2位は100であった。


この会の出席者は男性の方が多かったが100以上は2人とも女性であった。2位はFさんの妹だった。この2人には後に国際箸学会の認定証を渡した。今までの認定証はA4の大きさだった。


しかし「もらった人が額縁に入れて部屋に飾っておくことはないだろう」ということで名刺大の大きさにした。これなら持ち歩いて、他人に見せびらかすこともできる。

これを渡したら「嬉しい!!」と喜んでくれた。


今まで何度も箸ピー大会をし、100以上は20人近くになったが、すべてが女性である。なぜだろう。


なぜ、飲酒後のほうが良い成績か?


じつはすでに飲酒前とビール1本の飲酒後のデータはすでに35回ほど計測している。7割方、飲酒後の方がよい成績だ。私の自己最高もビールを飲んだ後の95だった。大発見!!今後は更に「ビール半本」や「2本」「3本」の前後データをとってみれないだろうか。もっとも半分なら中間に測定すればよいが、3本はつかれそうだ。


今までのデータからは仮説として、ビールに関係なく「2回目だから良い」。それとも「ビールは緊張感をなくすから良い」。

とすれば、大きな大会があったら本番前にビールを飲み、1回練習すれば最良の結果が出るはずだ。


これが正しいとなれば、ビールや酒のメーカーは大喜びで箸ピーに協力し、スポンサーになるだろう。(③に続く) #箸雑記


<箸雑記一覧に戻る   次の話を読む>

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

「手長箸」の開発物語⑩

新たな用途開発とネーミングに挑戦中! 実がなるまであと数年 これで新デザインが完成し、量産化もできるようになった。この手長箸が世界中に広まり、便利な道具として役立ててもらえたらと思う。 しかし、商品として実がなるまでには、まだ考えなければいけないことがある。 ネーミングは「手長箸」でいいか? 「ビックリ写真撮影箸」のほうが良くはないか? この箸を販売できないか? 「販売ルート」はどうすればいいだろ

WEBサイト運営・管理:コミー株式会社
連絡先:TEL 048-250-5311    住所:〒332-0034 埼玉県川口市並木1-5-13         

​▶セキュリティーポリシー  ▶プライバシーポリシー

コミー株式会社

Copyright (C) KOMY CO., LTD All Rights Reserved.